WordPressテーマ

BizVektor×wpXなら最適化前でも表示2秒と十分速い

wpXでホストしている多摩コミュニティビジネスネットワーク(tamacb.org)を下記プラグイン有効化した状態で計測してみました。小ネタですが記事中のテーブルはエクセルからコピペしています。WordPressでテーブル作る時にエクセル利用すると便利です。

計測方法

利用サービス

計測対象・回数

トップページ3回

利用プラグイン

  • IM8 Exclude Pages
  • PS Auto Sitemap
  • WordPress Importer
  • WordPress SEO
  • WP Maintenance Mode
  • WP Multibyte Patch
  • WP Smush.it(wpXではEWWW Image Optimizerが使えないため)

テスト前の最適化スコアと表示速度

Page Speed Grade: D 64%
Yslow Grade: C 75%
Pingdom Tools Grade: 82

1回目 2回目 3回目 平均
Web担当者 1.6 1.52 1.5 1.54
Gtmetrix 2.24 2.15 2.17 2.19
Pingdom Tools 3.36 1.95 2.01 2.44

平均しても約2秒は早いですね・・・、さすがWP専用高速サーバーを謳うだけの事はある。

さて、更なる高速化とスコア向上を狙って翻訳キャッシュやminifyを導入したらどう変わるのか?続く!

翻訳キャッシュを利用した場合

BizVektor×wpX×001 Prime Strategy Translate Acceleratorサイト評価・表示速度

コメント投稿欄