SSL Boxのサービスを使い誰もが無料SSL証明書「Let’s Encrypt」を取得する方法
セキュリティ・SSL

SSL Boxのサービスを使い誰もが無料SSL証明書「Let’s Encrypt」を取得する方法

SSL証明書は年間数万円という時代から年間数千円に変わり、更には年間千円・・・そして無料の時代が到来しました。Googleも検索結果においてHTTPS化されたサイトを重視する方向性を示し、今や世界中でサイトのHTTPS化が進んでいます。

今回ご紹介するLet’s Encryptはコマンドライン操作が通常は必要ですが、SSL Boxを利用するとLinux知識有無に関係なく誰もが簡単にSSL証明書を取得できてしまいます。Let’s EncryptはDV(ドメスティックバイオレンスではなく、ドメイン認証)証明書という部類に入りますが詳しくは文末に紹介する参考リンクをご覧ください。

スクリーンショット付きの取得方法は公式サイトのサポートマニュアルで紹介されてますのでご参考ください。

Let’s Encryptは90日の期限がありますが何度でも更新ができますので実質無料でずっと使用できます。ただし期限切れの前に都度手作業で更新する手間がかかります。

もし手間なしで長期間SSL証明書がほしいなら年間990円からの有料SSL証明書もあるので確認してみてはいかがでしょうか。

SSL Box価格表

SSL Boxのその他サービスについては下記からどうぞ。



参考:SSLの種類と選び方

コメント投稿欄