レンタルサーバー

COREPRESS Cloud・WP Cloudのキャッシュ機能はあまり効かない?

COREPRESS Cloudのキャッシュ機能があまり効いてない気がしているので色々と試してみました。

まず同サービスではログインユーザーにはキャッシュが無効化されているので、ログインした状態とログアウトした状態でWeb担当者Forumページ速度分析ツールを使って計測してみました。対象は当サイトトップページ、各5回画面リロードでテスト。

トップページのページサイズは838kb(GTmetrix調べ)です。

ログイン状態でのテスト(キャッシュ無効)

  1. 2.85秒
  2. 2.31秒
  3. 2.46秒
  4. 3.03秒
  5. 3.35秒

以上の平均値は2.8秒。

ログアウト状態でのテスト(キャッシュ有効)

  1. 3.06秒
  2. 2.59秒
  3. 2.12秒
  4. 3.14秒
  5. 2.27秒

以上の平均値は2.636秒。

あまり劇的な速度改善は見込めませんでした。キャッシュ機能はOFFにできますが、WP Super CacheやW3 Total Cacheのインストールはできませんでした(nginx.conf等への書き込みが出来ないため)。WP-FFPCもmemecachedは認識されますが、使用する事が出来ません。

(キャッシュ機能はWP Cloudと同じです。)

mod_pagespeedが使えるxserverと比較すると表示速度は場合によりxserverの方が早いかもしれません。COREPRESS Cloudの場合、例えば当サイトでは試験的にAutoptimizeプラグインを導入してCSS、Javascriptをまとめています。

mod_pagespeed導入したらディスク性能も良いのでもっと早くなると思います。Autoptimize等のプラグインも必要なくなりますし、ユーザーにとっては楽になるかな?

今のところCOREPRESS Cloudの魅力はSSL証明書持ち込み可能な事、サーバー知識がなくても停止しないスケーラブルなWPを運営できる所でしょうか。速度については宣伝されている程の魅力を感じません。

3月16日にサーバー設定変更に関するメンテナンスが予定されてるので、そこでどう変わるかも気になります。

コメント投稿欄