Twitterが新しくなりツイートを外部サイトに貼り付ける事が容易になりました。以前はプラグインやBlackbird Pieを使う必要がありましたが、新しいTwitterでは各ツイートからHTMLコードやショートコードをコピー&ペーストするだけです。

しかしWordPress 3.3だとまだTwitterのショートコードに対応していないのでfunctions.phpに下記コードを追記すれば利用できるようになるそうです。

add_filter('oembed_result','twitter_no_width',10,3);
function twitter_no_width($html, $url, $args) {
if (false !== strpos($url, 'twitter.com')) {
$html = str_replace('width="550"','',$html);
}
return $html;
}

参照元: Twitter adds oEmbed – Adding it to WordPress with a snippet

当サイトでもテーマファイルのfunctions.phpに追記しましたが機能しませんでした。マルチサイトだから?仕方ないので3.4の登場を気長に待ちます。3.3シリーズでツイートを楽に貼りつけたいという方はoEmbed Tweetプラグインがあります。

同じ要領でSlideshareのスライドを貼り付ける方法も紹介されてました。

function add_oembed_slideshare(){
 wp_oembed_add_provider( 'http://www.slideshare.net/*', 'http://api.embed.ly/v1/api/oembed');
 }
 add_action('init','add_oembed_slideshare');

参照: How to Add SlideShare to WordPress oEmbed without a Plugin

WordPressには他の様々なoEmbed対応サービスを利用するためのプラグイン、Embedlyがあります。過去に利用したことがありますが利用頻度がそれほどなかったので使わなくなりましたが。WordPressもYouTubeなどいくつか本体機能で対応できるので3.4が楽しみです。